ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介

greenest
リサイクルって楽しい!そしてゴミのない世界・みんながハッピーな世界を商品を通して実現したい!という想いを大切にしているショップです。

サリーはレンタルとなっていますが、すでにご自分のものをお持ちの方へサリーの着付けの出張も行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

http://www.greenest-japan.com/

フリーページ
rss atom
サリーを着るとき3原則☆
☆反時計回り!
☆安全ピンでとめる!
☆ウエストと肩のプリーツ命!

1.まずは、チョリブラウスとペチコートを着ます。
※チョリブラウスのホックが後ろにある場合は、誰かに北を止めるのを手伝ってもらったほうが良いです。
※ペチコートは、ゴムの場合は小さめのもの、ひもの場合はきつめに結んでください。サリーの重さで垂れてきます。
※ペチコートがない場合は、普通のスカートでも代用できます。
 
2.サリーの柄の多いほうの端を持ちます。ここが、肩から垂れて柄がきれいに見える側になります。
 そこから手繰り寄せて、反対側の端にたどり着きます。これで、サリーの上下がわかります。


3.反時計回りにウエストに1周半巻き付け、ペチコートの中に布をたくし込みます。


4.肩のプリーツを作ります。
  左肩にかけ、膝の後ろに来るように長さを調整したら、肩の後ろでチョリとプリーツを安全ピンで留めます。

5.肩のプリーツの布を胸〜背中〜腰に沿わせて、おなかの下にたくし込みます。
  こうすると、ドレープを作る布がおへその前に垂れている状態になるはずです。

6.ドレープ(ひだ)を作ります。地域によってひだの数が決まっていたりしますが、やりやすい方法でやってください。
  ひだは左向きです。ひだができたら、不安な方はここで安全ピンで留めてください。

7.ひだをたくし上げ、すそが足のつま先にあたるくらいにそろえたら、ペチコートの中にひだをたくし込みます。
  ドレープをきれいにそろえ、安全ピンで留めます。

8.完成!